ほたる経過記録③

►2015/08/13 11:59 

8297

たくさんのお悔やみ本当にありがとうございます。
ほたるの12日からの記録を最後まで書かせてください。

前回書いた部分と重複するところもありますが、ほたるがとっても頑張った日なので書かせて下さいね。

■12日(水)

12日に日付が変わった頃は上の写真のように座布団の上で寝ていました。
この時はまだ麻痺してるのは左側だけで、右側は力が入っていたので
寝返りを打ちたいと自力でフセの体勢に起き上って動けなくて声を出してたので手伝ったりと割と元気な印象。
私がテレビ見てたら後ろでカサカサってトイレシートの音がしたので振り返ったら
いつの間にか自力で寝返り打って反対向きに寝ててびっくり!
動けるようになってきたから回復するかなと期待していました。

8298

母と見張りを交代し、自室で休んで朝降りていくと
もう目は虚ろで呼んでも反応しない。指をすごく目に近づけても瞬きしない。
姉の話ではお皿から水は飲んだものの水面の位置が分からないらしく
顔をそーっと降ろして鼻が触れたらビクッとしてそこでペロペロ飲み始めたそうです。
私が見てた時は元気だったのに…と仕事に行こうとしてたんですが遅刻する連絡をして
伯母に連絡してかかりつけに連れて行って貰いました。

先生に診ていただいて、もう昨日はふらつきながらも立っていたのに立つことは出来ませんでした。
顔面神経に麻痺が出て来てる。ヘルニアじゃ顔に麻痺は出ない。脳の病気の疑いがある…と。
脳炎だった場合ステロイドをギリギリの量まで増やして効く(1日に半錠だったのを1錠)
脳梗塞や脳腫瘍だった場合大学病院で治療をすることになる。
どのみち脳で起きているものはMRIを撮らないと分からなくて、費用は8万ほどするのと
この近くだと幕張か錦糸町か埼玉の方と教えていただいて
とりあえず腰の辺りを触るのを朝から嫌がってたので腰にレーザーを当ててもらい
ご飯は全く食べないので点滴をして貰いました。

家に帰って来てから私が落ち着けなくて、なかなか仕事に戻ることが出来ず
何とかして仕事に行ったもののやはり仕事にならなくて、大事な仕事だけ片付けて早退してきました。
母と話し、このままいても回復には繋がらないかもしれないしMRIを撮ろうということにして
MRIを撮る施設の名前や、MRIを予約したらいつ予約が入るとか詳しく聞くためにかかりつけに電話。
施設はキャミックというところで、予約は空いてたらその日に入るけど行くためにはレントゲンがもうちょっと必要。
けど、MRIは全身麻酔だから今の状態だと麻酔から目を覚まさないかもしれない…とも言われ
そこで脳神経のスペシャリストの先生がいるとがさき動物病院を教えていただき
その先生なら診たらMRIを撮らなくても何かわかるかもしれないということで即行くことに。

病院に着いて診ていただいたら、これはもう半昏睡状態に近いと。
抱っこして診察台に前足を当てるようにしても反射的に前足を出すことが出来ませんでした。
首のレントゲンを撮ったけれどすごくキレイで首のヘルニアではない。
こんな状態でMRIは絶対にやめた方が良い。動かないんであれば無麻酔で出来なくもないけれど
ほたるは行きの車の中でも寝返りが打ちたくてブーブー文句言ったりしてたので
30~40分大人しくしてるのは無理だと伝えると、昨日のギリギリ立てるくらいまで回復すればなんとか可能だから
そこまで回復するのを待つことにしようと。今ここでもこの状態じゃ出来ることがないと言われました。
誤嚥が怖いので夜の分のお薬を飲ませなくてもいいようにステロイドと抗生剤を注射していただき帰宅。
ここで腰が痛くなってから脱がすことが出来なかったお洋服を脱がせた方が良いって脱がせてもらいました。
帰りの車の中ではイビキかいて寝てることもあって、お薬効いたねよかったねってみんなで話していました。

広いところに寝かせてあげてと言われたのでまた座布団の上に寝かせてたんだけど
寝返りを打ちたいとか何なのかぐーぐー声を頻繁に上げるので、そのたびに寝返りさせたり
お水かと思って給水器を近づけたり色々試していました。
ここで朝病院でして以来していなかったんだと思われるチッコをしました。
でもちゃんと自分の意志でチッコしたんですよ。

■12日夜~13日

8299

病院に向かっているときから結構息が速かったんですが
いつだったか通常1分間に犬は15~35回程度というのを見たので数えようとして
もう明らかに1分間に60回以上呼吸をしている感じ。
暑いのかと思って保冷剤を首に巻いて、保冷剤の枕して、お水もスプーンで口先にちょっと入れてみたり。
この状態じゃ1人で見張りは無理だと判断して母と姉と3人で一緒にいました。
鼻水が出るのか鼻で呼吸しててズビズビ聞こえるときがあって、姉が奮闘したり
寝に落ちるときにビクッってなるようでそのたびに歩くように足をバタバタさせて声を出すので大丈夫だって声を掛けたり
座布団の上が落ち着かないのか何度もビクッってなるので寝返りさせたり、ベッドに引っ越してみたり。

でももうみんな疲れていたので私もたまにうとうとしたりしてたんですが
姉が「ほたる大丈夫?」ってちょっと焦り気味に言ってるのが聞こえて飛び起きたら
あんなに早かった呼吸が落ちて来てて、これはもう危ないと姉が寝ている妹を起こしに行き
みんなでほたるに声を掛け続ける中、もう息が苦しくなってて
回数が少なく一気に吸い込むような呼吸を3回ほどしたら、そのまま息をしてくれませんでした。。。

みんなでいっぱい呼んだけど帰って来てくれなくて
もうほたるはいっぱい頑張ったよね、もういいよね、そう決断してそっと目を閉じました。

みんなでいっぱい褒めました。
頑張ったね、苦しかったね、いっぱいお薬飲んだね、ありがとね、可愛いね、大好きよ、ほたる。


8月13日1時45分ごろ、9歳10ヵ月3日、家族になって9年7ヶ月10日で
ほたるはとーっても可愛い天使になりました。



10歳のお誕生日会は盛大にしようねって、ほーちゃんいつもお肉だけ食べて後は残すから
今年は全部お肉のスペシャルご飯にしようか、なんて話してたのに。
ママの年を抜くぐらい生きようねって約束したのに、まだ10歳にもなってないじゃない。
妹がテストでいい点取ったから、ご褒美にほたるとひかりと私と妹とまたみんなでお出かけする予定だったじゃない。
いっぱいいっぱいやりたいことあったのに、ほーちゃん、ほーちゃん…。

最期までチッコを漏らしたり、ヨダレを垂らしたりすることもなく、お水は新鮮じゃなきゃ嫌
あたしはこっち向きで寝たいの!ってブーブー言うし
お薬ペッってするのがすっごい上手でお嬢様気質だったプライドの高いほたる。
そんなワガママほたるが大好きよ。


夜中のうちにわんじーちゃんのママ、エリさんからメールが届きました。
ほたるは世界一可愛くて、世界一ピンクが似合うよって。
ちょっと不思議ちゃんなところが可愛かったよって。

みんなそのままほたると一緒に朝を迎えて、母がゴミ出しに出たとき
夜のうちにこの人には絶対最後のお別れをして貰わないとって言っていた
あのなかなか懐かないほたるが懐いた数少ない、近所のシーズーを飼ってるおばさんに会って
ほたるに最後のあいさつをして貰いました。ほーちゃん、おばちゃんのこと大好きだったもんね。会えてよかった。

診療時間になってとがさき動物病院にも電話しました。
院長先生、昨日診ていただいただけなのにそうかー…って悲しんでくださって
半昏睡状態だったし、苦しいって思わずに逝けたと思いますよって。
ここでやっぱり脳の病気なんですねって聞いたらそうですねって。
かかりつけは木曜日休診で先生に連絡を取ることはできませんでした。

ほたるがいっぱいお世話になったプランタンのasさんにもご連絡させてもらいました。
残念ながらM店長とスタッフKさんがいらっしゃらなくて、この前お会いしたTさんに報告して伝えてもらうことに。
Tさんもこの前会ったのに…と悲しんでくださいました。
プランタンに電話した後、吉祥寺に異動されたGさんにもお電話しました。
Gさん泣いちゃってね、ほたるのために泣いていただけるなんて本当に嬉しいです。

ブログのお友達のくみりんさんからほたるにお花が届きました。
インスタグラムで夜中にほたるのことを報告して、午前中には届いたのでびっくり。
くみりんさんお花ありがとうございました。

夕方前に、伯母に車をお願いして入院中の父にほたるを会わせに行きました。
大好きなお父さんに会えてよかったね。お父さんもずっとほたるのこと心配してたんだよ。
いっぱい撫でてもらって帰宅しました。

夕方にはいっぱい一緒に遊んだchinatsuさんがほたるに会いに来てくれました。
ららぽの西館5階がペットフロアだったころお世話になったN原店長と一緒に素敵なお花を頂きました。
いっぱい撫でてもらいました。

夜にはイトコが会いに来てくれました。
伯母とイトコたちが大好きだったほたる。ゆきちゃんとなっちゃん来てくれてよかったね。

お誕生日会でご一緒するみなさんにもLINEで報告させてもらいました。
ずっと心配してくれてた友達にも報告しました。


14日の11時、ほたるをお空に返します。
天使になるほたるを空を見て見届けていただけたら嬉しいです。

スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

病院Comment(2) | Top ▲

コメント

悲しいですね
ほたるちゃんの事
みこちゃんのブログ見て知りました。
ブログ読みながら涙が。
ほたるちゃんみんなに愛されて幸せなワンちゃんですね
どうか力を落とされませんように。


No:7886 2015/08/14 16:37 | さや #-URL[ 編集 ]

e-256さやさんへ
みこみうちゃんのところから来てくださったんですね。
ありがとうございます。
ほたるとのお別れはとても悲しい出来事でしたが
ほたるはとっても優しい子で泣いてるとすごく心配するので
少しずつ笑顔に戻っていけたらと思っています。
たくさんの方に愛されてほたるは本当に幸せな子でした。


No:7897 2015/08/21 00:28 | ゆみ #vIfvFHzIURL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿

ギャル文字・不必要な小文字の使用、宣伝コメント等は
不快なのでやめて下さい。発見した場合予告なく削除致します。
また、初めましてでの相互リンクやペットジャンル以外の相互リンクは致しません。


管理者にだけ表示を許可する

<<Back | Blog Top | Next>>